国立競技場設計の隈研吾氏の作品が栃木県内に多数あるということで見学会に参加してきました。

まずは那須町のストーンプラザへ。大谷石の蔵を利用した美術館です。

コンサートもできるスペースがあります。

限られた予算の中、大谷石職人さん達とつくり上げた建物だそうです。

石と木を使った重厚感のある建物でした。

 

宝積寺駅そして駅前のちょっ蔵広場も隈氏の作品です。

駅への階段上にはむき出しの合板が垂れ下がっています。変わったデザインが目をひきます。

ちょっ蔵広場にある建物は大谷石の蔵を利用した部分や、大谷石を加工して作った建物など人々が集うスペースになっていました。

今回は行きませんでしたが、栃木県内にある那須歴史探訪館や馬頭広重美術館なども隈氏の作品です。

石と木を融合させたデザイン。素材を感じる建物でした。